診療ポリシーPOLICY

予防に力を入れたスウェーデン式の治療

歯科先進国で有名なスウェーデンでは、1970年代にイエテボリ大学での研究結果から、国を挙げて原因除去(=プラークコントロール)に注目した医療改革を行いました。これにより、以前より虫歯・歯周病について国民の意識レベルは高まり、口内環境もはるかに向上しました。スウェーデン式の予防システムとは、この医療改革を受けた、一人一人の生活習慣や歯の状態に合った“科学的根拠に基づく予防”のことを言います。
日本においても、近年この予防システムを採用している歯医者が見られるようになって来ましたが、まだまだ根本的な問題に触れずに、従来の“その場限りの治療”を行なっている歯医者も少なくないのが、現状と言えます。
新浦安の青木歯科では、患者様が虫歯・歯周病を繰り返すことのないよう、このスウェーデン式の予防を中心としたシステムを取り入れています。

スウェーデンの風景

カリオグラムを使用した見える予防

カリオグラムとは、虫歯になる原因を解明するために、唾液の検査を行い、食生活や虫歯の経験などを数値化して、今後1年間に虫歯を予防できる可能性を算出するソフトのことを言います。このカリオグラムを使用して、患者様それぞれの虫歯予防対策を見つけていき、虫歯や歯周病の根本的な解決を目指していきます。
原因となる部分を数値化することで、歯磨きの仕方や食生活の問題点が可視化され、確実な予防対策が行なっていけるのです。虫歯や歯周病を繰り返すことのないよう、患者様と一緒に治療を行なっていきます。

説明をする青木歯科医院長
カリオグラムについて説明する青木歯科医院長

マイクロスコープ(顕微鏡)による正確な治療

浦安市の歯科医院、新浦安青木歯科では、20年以上の間マイクロスコープ(顕微鏡)による治療を行なっています。裸眼や拡大鏡(ルーペ)を使用した治療には限界があり、問題のある歯を削りすぎてしまったり、虫歯ではない隣の健康な歯まで削ってしまうことさえあるのです。しかし、日本では、まだまだマイクロスコープによる治療を行なっている歯医者さんは多くありません。これは、機材が高額であり、なおかつ習得までに時間を有するためだからです。
新浦安の青木歯科では、マイクロスコープ(顕微鏡)による治療の経験が豊富であるため、安心して治療をお受けください。虫歯・歯周病を無くすには、カンではなく、正確な治療が必要なのです。

マイクロスコープ(顕微鏡)による治療風景
マイクロスコープ(顕微鏡)による治療風景

患者様一人一人にしっかり向きあう

複数ユニット(診察台)に患者様を並べて、同時診療を行うような治療方法では、やはり正確な診断や丁寧な治療ができるとは言えません。多くの患者様を一度に診療するということは、歯科医院側の経営面では良いかもしれませんが、患者様の立場に立って丁寧な診療ができていると言えないでしょう。正確かつ理想的な治療をするには、時間がかかるのです。
当院では、複数のユニットを設置することを避け、患者様一人一人に向き合い、しっかりと時間をかけた診療を行なっております。

診療台(ユニット)
患者様に説明をする青木歯科医院長

進歩していく医療の中で日々勉強を

現在の日本では、歯医者さんの数はコンビニよりも多いと言われています。患者様の中には、どこへ行っても同じ治療が出来ると思っている方も多くいるかもしれません。しかし、日本の保険制度などの影響により、知識や技術がそこまでなくても経営が成り立ってしまうので、数ばかりが増えてしまっているのが現状です。
世界に目を向けると当たり前のように行われていることが、日本ではまだまだ普及していないようなことも多くあります。進歩していく医療技術の中で、日々勉強をし、知識や技術を身につけていくことが、今の日本の歯科医院では必要だと感じております。
おかげさまで新浦安青木歯科は、2018年で30周年を迎えましたが、日々勉強を常に心がけ、これからも皆様の歯の健康をサポートしていけたらと考えております。

診療中の青木歯科医院長
青木歯科医院長とスタッフたち